2011年02月20日

北九州最終日〜チェロセミナー

110220
眠い!しかし北九州最終日。
もちろん私が北九州の人間だっていうこともあるけれど、今までで一番音の聞こえ方とか気持ち的にとか、やりやすくて毎日楽しかった。
それに北九州のお客さんは積極的に舞台を楽しむ人が多いので、反応がステージによく伝わる。舞台の上の人間としてはとても嬉しかった。昨日飲んだ役者さんたちも口々にそれを言っていた。
いい街だなぁ。それが嬉しい。

さて、今日は昼講演が終わったあと急いで機材をバラしてみなさんにさよならを言い、タクシーで別場所へ。
ゴーシュの会主催のチェロセミナー。そして私、講師。
そういうの初めてなんだよな〜。しかも始まってみないと分からないので、内容は考えているけど決めていない。

去年の秋ゴーシュの会のチェロ発表会に参加させてもらって何人かに質問された、「どうやったらそんなに大きな音がでるんですか?」についての日々のエキササイズのやり方。
それから、fabbomusic strings laboratryでやっているような、譜面なしで音を出す。ジャズの入り口というかインプロビゼイションの入り口というか、そういうことを説明したり質問を受けたりしながら、受講生4名を中心に実際にセッションしていった。
そういうことをするのは初めての人たちばかりなのによくひけていたと思う。口々に緊張したーと言っていたけれど。
この楽しみを覚えてしまったらチェロをひく楽しみも広がる。
ぜひ続けてもらいたいなぁ。
posted by ayumi at 00:00| 日記

2011年02月19日

小倉にて

110219
高良健吾君と廊下のケータリングの所で会ったので話しかけてみた。「高良君は熊本出身なんですよね。」「そうです。」「私はここ北九州出身なんですよ。」「え?僕、北九州に住んでました。小倉です。」
一瞬意味が飲み込めなかったのだがよくよく聞いてみると、高良君は熊本出身だが、2才まで熊本に住んだあと小倉に十数年住んでいたそうだ。その後博多へ。
そうなんだ、知らなかった!北九州にゆかりのあるスターじゃないか!と、なんだかとても嬉しくなった。
高良くんはカッコいいしかわいいし、それでいて気取らない。とてもよい青年です。

今日は2回公演。夜の公演には私の家族とそしてその仲間たちがたくさん観にきてくれて嬉しかった。休憩時間に座席をチェック。うんうん、いたいた。
カーテンコールで思いっきり手を振った。

夜は役者さん連中と小倉の街で飲み。屋台のような、角打ちのような小さな空間。寒いのでみんなでコートを着たまま飲んだ。トイレがないので近くのコンビニに借りにいく。有名な役者さんがトイレもない角打ちで飲むっていうのも面白い。
そして〆のラーメンまで。美味い、そして安い。小倉、いい街だ。
posted by ayumi at 00:00| 日記

2011年02月18日

小倉にでのファースト公演

110218
実家で二日間過ごし、すっかりリラックス。
そして今日から「時計じかけ」北九州公演。
劇場に入ったら仕事モードへのスイッチが入った。
切り替え切り替え。
この緊張感が好きなのです。

小倉にでのファースト公演、東京も含めていままでで一番お客さんの反応が良くて盛り上がった!びっくりした! 楽しんでくれて嬉しい!
役者さんもノルしアドリブも出る。
生ならではの相乗効果の面白さを存分に感じられた舞台でした。

実家に帰っとった影響で私も普段の会話が九州弁になっとる。これはしょうがないっちゃ! 特に宴会の席ではもう東京弁には戻らん。北九弁のが正直になれるしね。
その、今日の宴会。ハンパない焼酎の品揃えの店に行きました。
焼酎と日本酒がなんと1000種類。焼酎と日本酒の図書館みたいな感じで店の壁四面に一升瓶がずらっと並んでいる。壮観。
おまかせでたのんでもハズレなし!しかも安い!ツマミもちょいと気がきいていて旨い。
ここでバイトしたいなぁ、とても熱心なバイトになるだけど毎日ベロベロだろうなぁ。
夢のような空間。
小倉の「つる平」です。
posted by ayumi at 00:00| 日記

2011年02月17日

家で鍋。

110217
旅仕事が続くと、食事的には確実に野菜不足。
「野菜をものすごくたくさん食べたいけ、鍋して鍋!」と母に頼み、夕ご飯は鍋。
もうこれ以上は無理!というくらい食べました。
実家はいいなぁ。
posted by ayumi at 00:00| 日記

2011年02月15日

「時計じかけのオレンジ」大阪千秋楽

110215
「時計じかけのオレンジ」大阪公演千秋楽でした。
何度ものカーテンコールを終え、余韻に浸る暇もなく、嵐のような機材のバラしとパッキング。
楽屋も片付け タクシーに飛び乗り、5時前の新幹線に乗り込んだ!
これは驚異的な記録。
怒涛とはこのことだな。

メンバーのみなさんは一旦東京へ。
私は、次の公演地が北九州なので実家へ。
のんびりしてきます。
posted by ayumi at 00:00| 日記

「時計じかけのオレンジ」大阪公演千秋楽

110215
「時計じかけのオレンジ」大阪公演千秋楽でした。
何度ものカーテンコールを終え、余韻に浸る暇もなく、嵐のような機材のバラしとパッキング。
楽屋も片付け タクシーに飛び乗り、5時前の新幹線に乗り込んだ!
これは驚異的な記録。
怒涛とはこのことだな。

メンバーのみなさんは一旦東京へ。
私は、次の公演地が北九州なので実家へ。
のんびりしてきます。
posted by ayumi at 00:00| 日記

2011年02月14日

エスペランサ

110214
グラミー賞の発表があったらしく、速報がtwitter経由で入ってくる。
ESPERANZA SPALDINGが最優秀新人賞をとったのが私としては一番のニュースだった。
ボストン バークリーでクリニックを観た時に、彼女はもう既に大人気でクリニックの会場は超満員。立ち見はもちろん座席とステージの間の床にまで、ところせましと生徒が座って見ていた。
そこでは演奏のほかに、なぜベースを弾いて歌うようになったのかとか、日々の練習方法の一例とかも話してくれて、これはライブでは聞くことのできないことなのでとても面白かった。
でもなにより音楽性とともにそのかわいさ愛らしさに、そこにいるみんながすっかりやられてしまったのだ。
明日からBLUENOTE TOKYOでライブらしい。前回来た時も予定が重なって行けなかった。あぁ残念。
posted by ayumi at 00:00| 日記

2011年02月11日

ライブを聴きに。

110211
今日は昼公演。
夜は梅田シャングリラにライブを見に行く。
中川五郎さんとソウルフラワー・もののけサミット。

五郎さんの歌を聴くのも久しぶりだ。最近はすっかり社会派でちょっと真面目になったかな?と思っていたのだけど、相変わらずだった。
魂を込めて歌い、真面目に語ったかと思うとお茶目さを出し、女性を好きそうな一面をはいつもどおり。
でも歌はすごくよかったなぁ。

ソウルフラワー・もののけサミットがはじまってびっくりしたのは、河村君がギターだとばっかり思ってたら高木克さんがギターで河村君がベースだったこと。
知らなかった!!色々できてすごいなぁ。
五郎さんも客席に来て飲み始めたので私も合流して再会を祝し一緒に飲む。福岡風太さんも横で飲んでいてステージに向かってヤジを飛ばす。
関西のバンドを関西で観ると面白いなあ。
時計じかけ続きの中で、全然違う音楽を聴けてリフレッシュできた夜でした。
posted by ayumi at 00:00| 日記

2011年02月06日

バラし

110206
仙台最終日。
昼公演が終わってカーテンコールとなり拍手がやむと、その直後からスタッフとミュージシャンは「バラし」の作業に入る。
そこはもうスタッフやらバイト君やら人が入り乱れていて怒号も飛ぶ。一分でも早く片付けなければならないという一刻を争う特別な空間。正直言って怖い。
私もそんな中で、自分の機材をパッキングする。
自分が普段よくやっているアコースティックセットだとマイクを外して楽器を片付けてと10秒くらいで片付くのだけど、今回はエフェクター2台にミキサー、そして冬場ということもあり加湿器、意外といろいろとある。
それでも内橋さんやほかのメンバーと比べると機材は少ない方なのだが、なにぶんバラしに慣れていないもので時間がかかる。
しかしこれも幸せな時間を過ごした証拠。楽しく片付け、スタッフに一言「おつかれさまでした!」と言い、逃げるように工事現場のようになってしまった舞台を去る。
なかなかできない体験です。
posted by ayumi at 00:00| 日記

2011年02月05日

仙台公演初日。

110205
早すぎる!朝10時過ぎの新幹線なんて。眠い。
とりあえず東京駅に行く、乗る、眠る。
仙台公演、初日。というか地方公演、初日。
ついてすぐセッティング、そして休む暇もなくサウンドチェック。
サウンドチェックが終わる頃に役者さんたちが到着してにぎやかになってきた。
入れ替わりに私たちはいったん休憩、ゴロゴロ。何人かの役者さんは楽屋に挨拶に来てくれてゆるりと世間話。
今回のステージは舞台セットが決まっているのでいわゆる場当たりということは少なく、歌のリハーサルを中心に進められていく。順調。

仙台の会場であるイズミティは、十数年前に仙台フィルのエキストラの仕事で呼んでいただいていた時に何度も通っていた場所だ。なつかしいなぁ。
そして本番も東京と変わらずいい感じで進んだ。「いつも通り」の大切さ。
本番のあとは国分町(仙台一の繁華街)へ。
すごくおいしい厚みのある牛タンが食べれる店と言って連れて行ってもらった店は牛タンをはじめ料理がすべて美味しいお店でした。
途中で思い出したのだけどこのお店はHOMEMADE家族の打ち上げで連れてきてもらったなぁ。
あの時はツアーファイナルも近くて、私はアメリカに行くって決めていて、でも誰にも言っていなくて、さすがに泣きそうだったのを思い出した。
場所(と牛タン)の思い出。
posted by ayumi at 00:00| 日記

2011年02月02日

AYURI+Bar

110202
AYURI+Bar(太宰百合pf、橋本歩cello+馬場孝喜gt)@大塚Grecoでした。
やっぱり百合ちゃんと一緒に音を出すのは幸せ。そして馬場君とは2回目の共演ですが、さすがにすばらしい。
次は5/2に決まりました。ぜひ。
posted by ayumi at 00:00| 日記

2011年02月01日

室内バンド

110201
室内バンド、でした。
なんと今日は19回目のライブ。次回は7月で第20回目記念ライブだそうです。
続けることって、難しくってすごいこと。
洋さんとはこれから先も長いおつきあいにしたいなぁ。
posted by ayumi at 00:00| 日記

2011年01月15日

すごく、ブログが滞っております。

楽しいことが多すぎました。 長期のプロジェクトに関わっていると、意外と書けないものです。 どこまでさかのぼれるか分かりませんが、書けるだけ書いてみます。
posted by ayumi at 00:00| 日記

2010年12月30日

場当たり初日

101230

劇場で場当たり初日。
待ち時間が長いのは覚悟していたので演奏以外は気長に過ごす。
演奏している場所からは芝居があまり見えないので、ひかなくていいところはなるべく客席で芝居を見て音楽をふくらませる。
なーんて感じで進んでゆく場当たり。
小栗さんがこんなことまでするんだ、と、びっくりシーンもあったり。

終了後マジメに家に帰り、晩酌。
やっぱり冬は日本酒だよな。
今日は絶好の日本酒日和。
年末だし、仕事だし。
日本酒をたしなみながら「時計じかけのオレンジ」のDVDを再度見る。
お芝居とのお稽古が始まってから見ると見方が変わって発見も多数。面白い。
ま、何度見ても、、、、すごいなぁ。
posted by ayumi at 00:00| 日記

2010年12月29日

忘年会の次の日

寝不足、でも元気。
赤坂ACTシアターでセッティング。
今回チェロの他にエフェクターもあるので、分からないながらもまぁつなげた。音出しは明日。

夕方に終了して、友人に電話。今日会おうと言っていて時間的にむずかしいかなと思っていたのだけど、連絡してみたらナイスタイミング!この僅かな空き時間に会うことができた。
ボストンでさんざんお世話になったダリル&たかよ夫妻 and cute baby!!
新しい生命は感動ものの生命体で、この子の人生をこれから何十年も時々だけど見ていくんだと思うとなんだか感慨深いものがあった。

夜は「うずらぎぬ」のレコーディング。水谷さんのアレンジでphonolite strings。
スタジオの、ブースではなく居間みたいなコントロールルームの一番響く場所にマイクを一本立てて、歌は前、後ろに弦が並ぶ。おのおの距離でバランスをとるという古典的ながら一番音楽的なやり方。
そしていいテイクがとれるまで、やる。
原点に立ち返ったようなレコーディングでした。
posted by ayumi at 00:00| 日記

2010年10月06日

JOY the MUSIC

101006
朝10:30から水谷さんのリハーサル。ミュージシャンとしてはありえないくらい早朝のリハ。水谷さんは朝までアレンジしていてあんまり寝てないそう。
今回は、変な編成弦カルに+太田朱美ちゃん、そして山口有紀ちゃんということでウタものからリハーサル。水谷響の渦に歌が。これぞフォノライト。
その後、歌なしの曲もやって「今日は結構練習したなー。」って感じ。
終わった瞬間に水谷さんはいいちこを取り出し飲みはじめる。そうね、がんばったんだもんね。

帰りの地下鉄から、ふと六本木に立ち寄った。
今年の4月に闘病の末に亡くなった沢田としきさんとその娘さんとの個展を観に行く。
雑居ビルの3階、普段は事務所として使っているスペースはぎっしりと作品でうめられ沢田さんの空気になっていた。
ひとつひとつゆっくり見て行く。楽しい。絵を見て楽しい、すごいことだ。
どうしてもニコニコしてしまう。
 楽器が多く登場する。
 双子の娘さんに絵を文章でお手紙を書いている。
 若い頃の絵は繊細でポップでクール。
 本の表紙をあんなにたくさん書いていたとは知らなかった!
 娘さんの絵は信じられないくらいの細密画。
 沢田さんの若き時分の写真がいい味出しててウケた。
ゆっくり見ても見飽きない。節ちゃんと時々話しながら見てたのだけど、結局勧められるままにワインをいただき沢田さんの思い出話に花が咲く。

オムトンと私とで沢田さんとライブペインティングをしたこと。
せっかく描いた絵を塗りつぶしてその上から別の絵を描いたのがとても驚いた。あれはライブに来ている人しか見れない。その時、ライブの中盤で演奏をやめて一旦シーーーンとし、音楽的に「と・し・き・さん」とメンバーが各々呼びかけた。沢田さんはもう時間が来てしまったのかと、まだ描き終えてないのに、とびっくりしたらしい。作戦成功。

前に青山で個展をやった時は、すっかりその個展が気に入ってしまって何度も通ったこと。そこでもワインを出してくれて結局飲んでたこと。
とある日には、沢田さんのお友達のミュージシャンがある一枚の絵の前で何分も過ごしている。よっぽどご執心のようでそのうちギターをとりだしてその絵の女性に語りかけるように一曲歌った。そしてこの女性にしようと決心したようだった。
私もその個展のオープニングパーティでひいたのだけど、陽気な曲で沢田さんはついに躍りだしてしまったり。
「その時の絵の中にチェロをひく私の絵があったんだけど、あれはどうしたのかな?どこかにもらわれて行ったのかな?」と節ちゃんに聞いてみた。「あれ?どうしたんだろ?多分家にあると思うんだけど。」「探してー、お願い。」「わかった。じゃ歩ちゃんがソロアルバム作ったらジャケットそれだね!」「そうそう、そうしたい!」
そんな夢も語りつつ沢田さんと楽しい時を過ごしました。
posted by ayumi at 00:00| 日記

2010年10月04日

ハシケンさんと打ち合わせ

101004
まだおなかいっぱいのまま新幹線で東京へ戻り、そのまま下北沢でハシケンさんと打ち合わせ。
ハシケンさんの歌「下北沢」のままにマクドナルドを入り「どこ行こうかー。」なんて言ってたら、「ぶーふーうーの同じビルの4階にあの曽我部恵一の店」に行こうということになった。
前にやった時の譜面を預けていたので持って来てもらい(私こんなにいっぱい弦アレンジしてたんだー。)、今度やる曲の打ち合わせをマジメにやる。
とにかく今度のライブは人数が多いのでごちゃごちゃにならないように前もってやるべきことをやっとかなきゃいけないのだ。
でも楽しいライブになると思う。うん。楽しみ。
帰って寝よう。
posted by ayumi at 00:00| 日記

2010年10月03日

TOKU billboard live大阪

101003
東京 名古屋とやってきたTOKU with stringsでとうとう大阪。
朝早くの新幹線は乗り込んですぐに寝る。隣のアリマサさんと話す余裕はない。
着いて早々にリハーサル。今日は一回目のステージが早い時間に始まるのだ。
でも、弦のメンバーが入れ替えがあったりということでリハーサルはみっちりやる。
一回目のステージで私が失敗してしまい、一気に変な緊張が取り憑く。
その緊張をみんなに悟られないようにbillboard live特製夕ごはんをいただいていると、「今日の打ち上げは肉。」という情報が流れてくる。
肉?
謎と期待とを胸に緊張の2ステージ目をひく。

片付けは早い。ビールを飲みながら。
一旦ホテルに帰って全員集合し、タクシーでわざわざお目当ての焼き肉屋さん『ソウル』へ向かう。
ここでの肉番長はギターの荻原くん。かなりの肉好きらしい。
私はたまたま前の席に座ったらオーダーから焼き具合まで全部監修してくれた。
牛タン刺し、ホルモン数種類、ロースまで唸るほどの肉肉肉。。ホルモンの中で「つらみ」というのは初めて食べたけど甘くておいしかった。名の通り「つら=顔のほほ部分」らしい。はらみ、もそうだけど筋肉をよく使う部分はおいしくなるらしい。
しかしみなさんよく食べる。私は途中でお腹いっぱいでギブアップしたのだけど、夜中とか関係なくすごく食べてる。たしか前の名古屋の時も夜中に火鍋の店で食べまくったなぁ。
よく食べるTOKU BAND。
posted by ayumi at 00:00| 日記

2010年10月02日

上田さんの還暦バースデイライブ

101002
この間鎌倉でライブに参加させてもらったチューリップのドラマー、上田さんに還暦バースデイライブでひいてくれない?と言われ、ぜひぜひ、と即答。
こんなめでたいライブでひかせてもらえるのも嬉しいけど、このタイミングで知り合って記念のこの日にひかせてもらえるなんてそれが嬉しい。

60歳にはまさに今日なったのだけど、体力気力共にパワフル。
休憩時間に、「ホントに体力ありますね。」という話をしたら、「若い頃は気力も体力もあって、それがちょっと前には気力が先走りして体力がついてかない、なんてことがあった。今はその二つのバランスがいいんだよね。」ということを言っていた。さすが!先輩!
この前のライブでも感じたのだけど、ドラマーで歌うたいの上田さんに合わせてひくのは音楽的にとてもハマる。「ここね!」っていうポイントが見える。そこが楽しい。そして上田さんの歌がいいんだなぁ。
アンコールでは上田さんの似顔絵バースディケーキも登場してお祝いモード全開。あたたかいライブになりました。
あと、上田さんのビートルズを聴けたのが嬉しかった!いえい!

自分をちゃんと持ち、かっこよくロックをやり続けている上田さんを見て、色んな意味で感慨深いものを感じた。ビバ上田さん!
posted by ayumi at 00:00| 日記

2010年09月25日

AYURI+中村善郎

100925
善郎さんとは今年に知り合ったのに、今回で3回目のご一緒というのはとても嬉しい。さてどんなセッションになるんだろう。
善郎さんはあまりにレパートリーが多いので、今回は百合ちゃんと私とでなんとなく候補曲を挙げておいて善郎さんに選んでもらおうと思っていた。
でもお会いして、「これの中からなんてどうでしょう?」と伝えると「なんでもいいですよー。」と。ホントにこの方ボサノバ・ジュークボックス。なんでもできる歌える。

リハーサルが終わって上のイタリアン・レストランで打ち合わせ&軽くごはんワイン。善郎さんはライブ前は飲まないのかな?と勝手に思っていたら少々は飲むらしい。イエイ!
そして今日のストリングスは善郎さんのステキな歌声とあいまって、ひいてる場所から見える風景がいつもと違って見えた。地中海沿いのカフェで3人で演奏しているイメージ。
いつもの、むずかしくて前のめりになってひいてる感じじゃなく。お客さんも背もたれの方に(あ、背もたれないや。)ゆっくりしてるイメージ。
曲は充分むずかしかったんだけど。でもなんかそういうヨシローマジックがありました。

終わってからは最終電車まで時間を惜しんで飲む。
善郎さんとも色々話をしながら。
次は1月にやります!
posted by ayumi at 00:00| 日記